◎太ももの脂肪吸引1

太ももの脂肪吸引3か月後

太もも3前.jpg太もも3後ろ.jpg

方法 シリンジ法

身長、体重、脂肪吸引量 158㎝ 52キロ 2850㏄

想定されるリスクとその頻度

通常の経過として問題なく、ほとんどの方が経験する症状

痛み、腫れ、内出血、皮膚の硬化(内股)

比較的稀だが、起こりえる症状

創部のケロイド化、皮膚(内股)の色素沈着、皮膚の知覚異常、凹凸、左右差、水腫、皮下膿瘍

大変稀だが起こりえる可能性

薬によるアナフィラキシーショック、脂肪塞栓、不整脈

◎太ももの脂肪吸引2

太ももの脂肪吸引3か月後

s3正面.jpgs3後前.jpg

方法 シリンジ法

身長、体重、脂肪吸引量 162㎝ 52キロ 2450㏄

想定されるリスクとその頻度

通常の経過として問題なく、ほとんどの方が経験する症状

痛み、腫れ、内出血、皮膚の硬化(内股)

比較的稀だが、起こりえる症状

創部のケロイド化、皮膚(内股)の色素沈着、皮膚の知覚異常、凹凸、左右差、水腫、皮下膿瘍

大変稀だが起こりえる可能性

薬によるアナフィラキシーショック、脂肪塞栓、不整脈

◎二の腕の脂肪吸引

二の腕の脂肪吸引3か月後

DSCN2968.JPGDSCN3633.JPGDSCN2966.JPGDSCN3634.JPG

方法 シリンジ法

身長、体重、脂肪吸引量 160㎝ 60キロ 1000㏄

想定されるリスクとその頻度

通常の経過として問題なく、ほとんどの方が経験する症状

痛み、腫れ、内出血、皮膚の硬化(振袖部分)

比較的稀だが、起こりえる症状

創部のケロイド化、皮膚の色素沈着、皮膚の知覚異常、凹凸、左右差、水腫、皮下膿瘍

大変稀だが起こりえる可能性

薬によるアナフィラキシーショック、脂肪塞栓、不整脈

◎お腹の脂肪吸引

お腹の脂肪吸引3か月後

DSCN2235.JPGDSCN3269.JPGDSCN2236.JPGDSCN3270.JPGDSCN2238.JPGDSCN3272.JPG

方法 シリンジ法

身長 体重 脂肪吸引量 158㎝ 53キロ 2000㏄

想定されるリスクとその頻度

通常の経過として問題なく、ほとんどの方が経験する症状

痛み、腫れ、内出血、皮膚の硬化(下腹部)

比較的稀だが、起こりえる症状

創部のケロイド化、皮膚の色素沈着、皮膚の知覚異常、凹凸、左右差、水腫、皮下膿瘍

大変稀だが起こりえる可能性

薬によるアナフィラキシーショック、脂肪塞栓、不整脈

◎ミントリフトミニ 8本

ミントリフト1週間後

ミントミニ.jpgミントリフトミニ後.jpg

想定されるリスクとその頻度

通常の経過として問題なく、ほとんどの方が経験する症状

痛み、腫れ、内出血、直後のひきつれ

比較的稀だが、起こりえる症状

創部のケロイド化、皮膚の知覚異常、凹凸、左右差、水腫、皮下膿瘍、針跡が目立つ

大変稀だが起こりえる可能性

薬によるアナフィラキシーショック、糸挿入部位の脱毛(はげ)

◎ミントリフトミニ 6本

ミントリフト2週間後

ミントリフトミニ6本.jpgミントリフトミニ6本後.jpg

想定されるリスクとその頻度

通常の経過として問題なく、ほとんどの方が経験する症状

痛み、腫れ、内出血、直後のひきつれ

比較的稀だが、起こりえる症状

創部のケロイド化、皮膚の知覚異常、凹凸、左右差、水腫、皮下膿瘍、針跡が目立つ

大変稀だが起こりえる可能性

薬によるアナフィラキシーショック、糸挿入部位の脱毛(はげ)

◎シリコンバッグによる豊胸手術

MOTIVA 235cc

バッグ術前.jpgバッグ術後.jpgバッグ左術前.jpgバッグ左術後.jpgバッグ右術前.jpgバッグ右術後.jpg

MOTIVA 235cc 大胸筋下法

想定されるリスクとその頻度

通常の経過として問題なく、ほとんどの方が経験する症状

痛み、腫れ、内出血、皮膚の硬化

比較的稀だが、起こりえる症状

創部のケロイド化、皮膚の色素沈着、皮膚の知覚異常、凹凸、左右差、水腫、皮下膿瘍、カプセル硬縮

大変稀だが起こりえる可能性

薬によるアナフィラキシーショック、不整脈、気胸

◎シリコンバッグによる豊胸手術

MOTIVA 255cc

シリコンバッグ255術前.jpgシリコンバグ255術後.jpgシリコンバッグ255左前.jpgシリコンバッグ255左後.jpgシリコンバッグ255右前.jpgシリコンバッグ255右後.jpg

MOTIVA 255cc 乳腺下法

想定されるリスクとその頻度

通常の経過として問題なく、ほとんどの方が経験する症状

痛み、腫れ、内出血、皮膚の硬化

比較的稀だが、起こりえる症状

創部のケロイド化、皮膚の色素沈着、皮膚の知覚異常、凹凸、左右差、水腫、皮下膿瘍、カプセル硬縮

大変稀だが起こりえる可能性

薬によるアナフィラキシーショック、不整脈、気胸

目の下脂肪注入1か月後

目の下ビフォー.jpg目の下アフター.jpg

想定されるリスクとその頻度

通常の経過として問題なく、ほとんどの方が経験する症状

痛み、腫れ、内出血、皮膚の硬化(脂肪採取部位)

比較的稀だが、起こりえる症状

創部のケロイド化、脂肪採取部位の色素沈着、皮膚の知覚異常、凹凸、左右差、水腫、皮下膿瘍

大変稀だが起こりえる可能性

薬によるアナフィラキシーショック、脂肪塞栓、不整脈

受付時間:10:00~19:00

休診日カレンダー