乳輪縮小|大阪
乳輪縮小は2種類の方法があります。どちらもそれぞれメリット、デメリットがあります。

◎乳輪縮小(内側法)

内側で乳輪縮小を行う場合は、乳首の周囲で皮膚を取り除き小さくすることになります。

色素の濃い場所で縫合するため傷が目立ちにくいのが最大のメリットです。

外側で切除する方法に比較して小さくできる幅に限界があります。

また、乳首が外側に引っ張られることにより乳首の高さが低くなり、乳首が少し大きくなります。

◎乳輪縮小(外側法)

外側で乳輪縮小を行う場合は乳輪の淵に沿って小さくすることになります。

内側で縮小を行う方法よりサイズをより小さくできるメリットがあります。

乳輪の輪郭は周囲の皮膚とグラデーションしています。

外側で乳輪縮小を行った際、周囲とはっきりする乳輪になります。

◎乳頭縮小の麻酔

乳頭縮小は局所麻酔および静脈麻酔で行います。乳頭縮小手術の時間は60分です。

contents_detail.png
手術時間 60分
麻酔方法 局所麻酔もしくは静脈麻酔
術後来院 7日後に抜糸
腫れ あまり目立ちません。
内出血 1週間から2週間で消失します。
contents_detail_bottom.png

受付時間:10:00~19:00

休診日カレンダー