処女膜再生
処女膜は膣入口にあるひだです。個人差はありますが、膣入口に処女膜の遺残を見つけることができます。処女膜再生はこの遺残した処女膜を再度縫合し再生させる手術です。

◎処女膜再生の方法

手術は局所麻酔で行います。

遺残した処女膜は12時、4時、8時方向にあることが多いです。

遺残した膜を一部切開し吸収糸で縫合します。

処女膜再生をすることにより膣入口のサイズが小さくなり、性交渉の際に出血することになります。

contents_detail.png
手術時間 30分
麻酔方法 局所麻酔
術後来院 不要
腫れ ほとんど目立ちません。
内出血 ほとんどありません。
contents_detail_bottom.png

受付時間:10:00~19:00

休診日カレンダー

 

バナーデータがありません。