二重まぶたの手術で最も一般的な方法が埋没法です。

埋没法は麻酔開始後、手術終了まで約10分で終了します。

◎二重まぶた・埋没法のカウンセリング

二重まぶた・埋没法は簡単で効果もきちんとでる優れた手術法です。

しかし、手術前のカウンセリングが大変重要な手術です。

カウンセリングのときにまず、ブジーを使用して手術後の状態を確認いただきます。

このとき、手鏡で確認いただきながら二重まぶたのラインを作ります。

二重まぶたの形やラインの幅をよく納得いただけるまで確認していただきます。

アムルーズ美容外科クリニックでは、2点止めで行いますので、片側のまぶたに2本の糸でラインを作ります。

◎二重まぶた・埋没法の手術と麻酔

二重まぶた・埋没法は局所麻酔で行います。

局所麻酔をまぶたの表側から2回、裏側から1回行います。

局所麻酔終了後、極細の糸で予定したライン上に糸を入れていけば手術終了です。

まぶたに力を入れると腫れが強くなるといわれています。薄目を開けて鼻の頭を見るようにしていただくとまぶたに力ははいりません。

◎二重まぶた・埋没法の腫れと内出血

二重まぶた・埋没法の腫れは「カウンセリングのときに決定した二重まぶたの幅より広く見える」ことになります。

腫れがひくにつれて予定の二重まぶたの幅に近づいて狭くなっていきます。

当日、手術後に冷やすことで腫れは少し落ち着きますが、最終的には時間の経過を待っていただくことになります。

腫れが気になる方は、縁のついた眼鏡をかけていただくとカモフラージュすることができます。

腫れの引く時間は個人差がありますが、おおむね以下の経過となります。

埋没法 手術後 当日から3日目。腫れのピークです。あまり腫れがひいてる実感が伴わないため、もっとも心配になる時期です。

埋没法 手術後 4日目から7日目。このころに急激に腫れがひいていきます。7日後には約8割の腫れがひいているため他の人から見ても違和感はないくらいになります。

埋没法 手術後 1週間から1か月後。この時期は腫れはほとんどひいているように感じますが若干腫れが残っています。自分でも気づかない範囲で腫れがひいていき、1か月経過すると腫れはほぼ消失しています。

二重まぶた・埋没法の内出血は、稀にでることがあります。多くの方は内出血することなく終了します。仮に内出血した場合はコンシーラーでかくしていただくことになります。

◎二重まぶた・埋没法で腫れが強くでる場合

 

二重まぶたの手術後の腫れは予定しているラインが広く見えるという形で現れます。このため、ご希望のラインの幅により手術後の腫れも左右されることになります。控えめな奥二重が完成形であれば、腫れているときでも少しぱっちりしたくらいの二重になりあまり目立ちません。逆に最終的な完成形がとても広い幅の二重のときは、腫れている間は、とても強く腫れているように感じます。

 

二重まぶた・埋没法の適応

二重まぶた・埋没法は簡単でとても優れた方法ですが、この手術でできないこともあります。

まず、ブジーで再現できない二重まぶたは埋没法ではできません。ブジーで再現できない二重は以下のような方です。

【目頭から二重がはっきり見えてる二重まぶたをご希望される場合。】

日本人には蒙古ひだがあるため、二重まぶたを作る場合、目頭からしっかりした二重まぶたを作ることが難しくなります。

埋没法でも、二重の幅を広い場所で留めることで、目頭側からの二重を作ることは可能ですが、少し不自然だったり、糸そのものがとれやすいなどの欠点もあります。目頭からの二重をご希望の場合は、併せて目頭切開を行うことをお勧めします。

【まぶたのたるみが強い場合。】

まぶたのたるみがある程度強い方はブジーでおさえても二重まぶたのラインを作ることができません。このためまぶたのたるみを取り除く手術が必要になります。

contents_detail.png

手術時間 10分
麻酔方法 局所麻酔
術後来院 基本的に不要
腫れ 3日がピークです。4日目から急速に消失していきます。
内出血 稀です。内出血した場合は1から2週間で消失します。

contents_detail_bottom.png

受付時間:10:00~19:00

休診日カレンダー